小学校受験で親がしてあげられることを解説

小学校受験を成功させる親の行動とは

小学校受験のメリットとデメリット

私たちは子供の頃、学校に行くのが当たり前でした。
日本の義務教育は中学校までです。
そのあとからは、高校受験、大学受験と、自分で学校を選び、将来について少しずつ自分で考えていくようになります。
小学校や中学校までは地元の公立に通っていたけれど、高校や大学は電車やバスを使って地元以外のところまで通いに行っていたということもあるでしょう。
最近では中学受験する子供も増えてきたため、中学校から電車やバスなどで移動し学校へ通っている子供も珍しくなくなりました。
学習塾なども、高校や大学受験はもちろんですが、中学校受験にも力を入れているところは少なくありません。

そんな現代では、受験をする年齢はどんどん下がってきています。
小学校受験という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
小学校から受験なんて、と思う方も無理はありません。
なにしろ、小学校受験をするとなれば子供はまだ6歳かそれに満たないのですから。
ここで一つ注意したいのは、小学校受験は中学校受験の小型版などではないということです。
小学校受験では、面接やペーパーテスト、それ以外にも学校によって特別なテストを設けています。
例えば、何人かの子供を集めての行動観察などです。

中学校受験が学力のみでみられることがほとんどであるのに対し、小学校受験はその合格基準が曖昧です。
そのために、小学校受験をさせたいと考えている親はどのように対策していけばよいのか、また親がすべきことはなにかなど、なにかと不安ですよね。
このサイトでは、そんな小学校受験を目指す親子のためにも、親がすべきことや小学校受験についてのあれこれを簡単にまとめてみました。
ぜひ参考にして頂けたらと思います。

▲ TOPへ戻る