小学校受験を成功させる親の行動とは

小学校受験について

小学校受験のメリット

小学校受験のメリットは、大きく分けて二つあるように思います。
一つは、中学、高校、はては大学までエスカレーター式に進学できる可能性があるためです。
これらの全てが付属となっている学校は少なくありません。
最近では大学受験のセンター試験が廃止されることになったため、一層このエスカレーターできる学校に関心が高まっているように思います。
もちろん全ての小学校に付属があるというわけでもないですし、行ったとしても受験しなくてはいけない学部が存在することは忘れてはいけません。

もう一つは、しっかりとしたカリキュラムで学べる可能性が高いことです。
受験をさせる小学校では、ある程度しっかりとしたカリキュラムが作られているため、将来の受験を見据えた対策を学校でもしやすいという点でメリットがあります。
他の小学校受験で受かった友人たちと、受験などにむけてたくさん勉強できるというのは小学校受験ならではかもしれません。

デメリットも少なからずある

小学校受験のデメリットとしてまず挙げられるのは、やはりお金の問題です。
私立の小学校に通わせるとなると、年間で60~100万はかかってしまいます。
それにプラスする形で交通費が入るとなると、相当な金額になります。
また、その後も中学、高校とエスカレーターさせるのであればどんどんお金がかかっていくことが容易に想像できます。
この面から、小学校受験を諦める家庭は少なくありません。

もう一つは、通学時間です。
基本的に電車通学等になることが多いので、通学時間は地元の学校に行くよりも時間がかかることが多いです。
とすると、その時間の間は勉強できません。
一見すると大したことないように感じるかもしれませんが、中学受験期になってくるとこの時間が響いてくるかもしれません。
見落としがちなポイントですから、配慮しておきましょう。


▲ TOPへ戻る