小学校受験を成功させる親の行動とは

親ができることとはなにか?

こんな風に接してあげよう

小学校受験というのは、子供にとってみればなんだかよくわからないままテストを受けたり、面接をしたりするようなものです。
中学校受験までは、親が受験の中心になっていることがほとんどではないでしょうか。

さて、そんな小学校受験をする子供に対し、親はどのように接するのが正解なのでしょうか?
まず覚えていてほしいのは、子供の成長スピードはそれぞれであるということです。
すぐにできないから叱る、親がイライラしてしまうというのは子供にも親にとっても良くありません。
子供の話に耳を傾け、前向きにとらえて接してあげること、子供のほんの少しの成長も見逃さず褒めてあげること、そして周りの子供や兄弟と比べないことが大切です。
その子自身を見ているということを忘れないでください。

子供への声のかけ方

子供と受験勉強を一緒にしていると、どうしても叱ったり、イライラしてしまったりすることはあると思います。
そんなときつい出てしまった言葉が、子供の心にずっと傷を付けたり、上手く自分の力を発揮できなかったりさせてしまうことがあります。

例えば、子供が問題の答えを間違えてしまったときに、ついイライラして「それじゃ落ちちゃうよ。」というようなことを言ってしまったらどうでしょうか。
子供は、よくわからないままに親に怒られ、怖いことを言われていると感じるはずです。
そうではなく、「〇が多い子が受かるんだって。〇が増えるといいね」というように、励ますような、前向きな言葉をかけるよう心掛けていきましょう。

また、何度やってもできなかったときは、前よりもここまでできている、ということを褒めてあげましょう。
自分はちゃんとできているんだ、と安心させてあげることが、子供の力を伸ばす秘訣なのです。


▲ TOPへ戻る